トップページへ

地域の身近な相談窓口として、福祉・保健の専門の相談員が相談を無料でお受けし、情報提供や関係機関との連絡調整等を行ないます。
相談内容により、各部門の専門職員が対応させていただきます。


以下のような相談に対応しております。
◆在宅生活を続けたいが、ひとり暮らしが不安…。
 ⇒【地域包括支援センター】
◆足腰が弱くなってきた気がする。/物忘れが気になるのだけれど…。
 ⇒【地域包括支援センター】

◆自宅のバリアフリー改修や車いす等の福祉用具の利用について知りたい。
 ⇒【地域包括支援センター】

◆お金の管理や契約などが不安。訪問販売等の被害にあったが、どうしたらいいの?
 ⇒【地域包括支援センター】

◆福祉施設の入所や、その他福祉・保健サービスの利用について相談したい。
 ⇒【地域包括支援センター】

◆介護保険の申請はどうしたらいいの?
 ⇒【地域包括支援センター】

◆介護保険のケアプラン(介護サービス計画)をつくってほしい。
  自分のケアマネジャーになってほしい。

 ⇒【居宅介護支援事業所】

◆介護保険によるデイサービスを利用したい(体験利用を含む)。
 ⇒【デイサービス部門】

◆子育て支援に関することや、障がい児・者の生活に関する相談にのってほしい。
 ⇒【地域包括支援センター】 【地域交流部門】

◆公的な制度によらない、地域住民による福祉・保健活動の利用について知りたい。
 ⇒【地域包括支援センター】 【地域交流部門】

◆福祉・保健分野のボランティア活動をしたい。
 ⇒【地域交流部門】
◆介護予防や閉じこもり防止のための活動をしたいのだけれど…。
 ⇒【地域包括支援センター】 【地域交流部門】
◆福祉・保健分野等の活動をするのに、使える場所(部屋)はないの?
 ⇒【地域交流部門】